あきこ皮ふ科クリニック

ご予約 / お問い合わせ
0745-25-4112

あきこ皮ふ科クリニック

MENU

小児皮膚科

Medical

Medical小児皮膚科

小児皮膚科

小児のお悩み 乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、おむつかぶれ、とびひ、いぼ、水いぼ、水ぼうそう、風疹、手足口病、りんご病、皮膚カンジダ症など …

とびひ

おもに乳幼児に夏に好発する細菌皮膚感染症です。すり傷、虫さされ、あせも、湿疹などをかきむしってできた、浅い傷に細菌が入り込み感染することにより、水ぶくれや、膿、それらが破れたびらんが拡大、次々「とびひ」していきます。抗生物質の内服、外用により治療します。また、患部をシャワーで清潔にして覆い、触らない…

おむつかぶれ

乳幼児のおしり全体が赤くなったり、悪化するとただれて血がにじむこともあります。おむつに吸着された尿、便、汗やその分解物による刺激が一番の原因ですが、カンジダというカビ(真菌)の感染が起こりやすい部位ですので、疑わしい場合は顕微鏡検査を行います。 …

みずぼうそう(水痘)

水痘帯状疱疹ウイルスの初感染が水痘です。このウイルスは感染力が強く、空気、飛沫、接触で感染します。潜伏期は約2週間です。軽い発熱や体のだるさに続いて、顔や体に赤くぽつぽつと発疹ができ、半日ほどで水ぶくれにかわっていき広がります。頭や口の中にも発疹がみられます。水ぶくれは、5〜10日で乾燥してかさぶた…

手足口病

子供に多い、エンテロウイルス群によるウイルス感染症です。手のひら、足の裏、口内、体に小さい水ぶくれが多数できます。通常は、全身状態は良好で水分の補充を十分行い経過観察を行います。発疹が治っても、糞便中にウイルスが2〜4週間排出されます。手洗いなどに注意しましょう。 …

みずいぼ

みずいぼは、伝染性軟属腫ウイルスによってうつる、子供に多い皮膚の感染症です。体や手足に水っぽい光沢を帯びたいぼが多発します。自然治癒までには数ヶ月から数年かかりますので、何らかの治療が必要と考えます。麻酔のテープを貼付後、ピンセットで一つ一つつまみ、乳白色の粥状物質を圧出します。ビート板、浮き輪、タ…

りんご病

伝染性紅斑というウイルス感染症です。軽い風邪様症状のあとに、頬に平手打ちされたような発赤があらわれ、7〜10日続きます。体や四肢にも網目状の発疹が出ますが、発疹が出たときにはすでに伝染性は弱まっています。いったん消えた発疹が日光にあたったり入浴後に再びでてくることがありますが、再発ではありませんので…

乳児湿疹

乳児期(一才まで)に出現する発疹の総称です。生後2〜3ヶ月くらいまでは、生理的に皮脂が多く分泌されやすく、そのために乳児脂漏性皮膚炎がおこりやすくなります。クリーム色のかさぶたやかさかさしたふけのようになります。頭や顔は石けんをよく泡立てて綺麗に洗ってあげましょう。ひどい場合は治療が必要です。アトピ…